バイナリーオプションを実際にやってみました(雇用統計編)

実際にバイナリーオプションをやってみた体験談を書いてみます。
実施したタイミングは月の初めの金曜日にある雇用統計というアメリカの経済指標の発表日です。
この経済指標はとても大きなもので発表された途端に1円ほど動くこともよくあるので、指標を好きな人にはナンバーワンの指標です。動くということはトレンド、方向性が片方にいきやすいので、ここを選びました。
そして実際に9時20分ぐらいになると30分から開始のものが売買できます。私の場合は、35分に45分のものをする予定を立てました。
そして、実際に9時30分になったら、動くこと動くこと。怖いぐらいに動いています。でも35分ぐらいになるとうえに上がっていったのでこれは上に行くと見て、45分開始のもので上に上がるという売買をしました。
そして、後は結果を待つだけです。その時はそのまま上に言ってくれたので10分後の55分後に判定がなされ上と判定されました。結果、予想と一致したので2倍になって戻ってきました。
簡単だしたまにやるのも面白いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>